Everyday くいしんぼう

くいしんぼう夫婦の食卓日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
揚げ鶏のネギソース

鶏肉がカリカリに揚がったところに、さっぱりネギソースをかけていただきます。おいしいかったです~

1.鶏もも肉に切れ目を入れ、火が通りやすくする。醤油、酒にしばらく漬けておき、片栗粉をつけ、カリッと揚げる
2.醤油、酢、砂糖、鷹の爪、ネギ(ミョウガやショウガ何でも良い)を入れてソースを作る。
3.鶏肉を食べやすい大きさに切って、上からソースをかけてできあがり!
スポンサーサイト


旦那さんの風邪をもらい、生まれて初めて39度の熱が出ました。平熱も低く、風邪を引いても普通熱は出ないので、今回はかなり堪えました。これを作ったのが先週の木曜だったので、このときからおかしかったのかもしれません。だって本当はあんかけチャーハンを作る予定が、ぼけていてスープチャーハンになってしまいました・・・。しかもスープに入れた卵白もドボッと入ってしまい固まりになっています。でもこれはこれで非常においしかったし、旦那さん用の病人食としてはこの方が良かったのかも。

具は適当に家にあったものを入れました。かに缶があったのでかに缶を使いましたが、コーン缶を使ってもおいしくできます。

チャーハンの具:カニの身、ネギ、ショウガ、ニンニク、黄身、塩こしょう
スープ:カニ缶の汁、カニの身、エノキ、青梗菜、塩こしょう、卵白
だけだったと思うけど、いつも適当に作っているのでよく覚えていません~


ささみが余っていたのでサラダに入れてみました。ドレッシングはごまをすってショウガネギなどを入れて中華風にしました。冷やして食べたらとってもおいしかったです。

ささみはお酒をふってレンジでちん。冷めたら手でほぐす。キュウリは細切りにする。
白ごまをすり鉢ですって、みりん、醤油、砂糖、味噌、ごまペースト、ショウガ、ネギを入れ、ささみときゅうりと和える。


今日からゴールデンウィーク。でもくまっぴー家は普通通りの生活です・・・。

中華風なのかどうか分かりませんが、我が家では茶碗蒸しの上にそぼろをのせるときはこのように呼んでおります。中華風にするときには、茶碗蒸しの中に何故かおそうめんを入れます。この日は普通の茶碗蒸し茶碗で作りましたが、もっと大きなお皿で作って、おそうめんをいっぱい入れて、スプーンでほじくって食べるのが子供の頃好きでした。おいしいんですよ~。


以前すんでいたシアトルには韓国人がたくさん住んでいたので、とてもおいしい韓国料理屋さんがたくさんありました。その中でも大好きだったのがHosoonyiのスンドゥブ。日本でもいくつかのレストランでスンドゥブを食べましたが、どれもいまいち。自分でHosoonyiの味を再現しようと頑張ってみました。でもルクルーゼでスンドゥブって変な感じ・・・。

レシピは、はなまるでやっていたものにアレンジを加えました。(2人前)

タテギに塩を入れるところを、コチュジャンに変更し、野菜も家にあるものを適当に入れ、自家製キムチも入れました。最後に味が足りなかったので、アンチョビソース、ごま油を加えたところ、いい感じになりました。でも水700ccは多いと思うのですが、いかがでしょう?

1.水700cc に牛挽肉(70g)を入れあくを取りつつ5分くらい煮る。
2.挽肉を取り出し、鶏ガラスープ(小1,5)を入れる。
3.フライパンでタテギ(ショウガすり下ろし(小1)、ニンニクすり下ろし(小2)、粉唐辛子大2,コチュジャン、蜂蜜小1,醤油小1,ごま油大2)を焦げないように炒める。
4.タテギを鶏ガラスープで少しずつとく。(全部入れると非常に辛いと思います)
5.煮立ったら、アサリ、豚バラ、ホタテの貝柱、ネギ、おぼろ豆腐を入れます。
6.最後に味を見てアンチョビソース、ごま油を入れ、卵を落とす。

韓国のりがあれば、上に散らして食べるととてもおいしいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。